院長紹介

ご挨拶

1・初めに

ストレスとは、ボクシングのボディーブローのようなものです。
人間関係、過労、交代勤務、睡眠リズム障がい、などがボディーブローとなり、
数年かけてじわじわと「こころ」のスタミナを奪っていきます。
「こころ」のスタミナが乏しくなると、身体症状が先ず出てきます。
「こころ」と「からだ」とが密接に関連しているからです。
「こころ」と「からだ」両方に治療的関与をするのが心療内科、精神科の持ち味であります。


診療内容

うつ病、躁うつ病、統合失調症、神経症、不安障がい、社交不安障がい、不眠症、認知症、心身症、発達障がい


院長名
山谷 教一

院長経歴資格

・弘前大学医学部卒業
・岐阜病院に精神科医として勤務
・精神保健指定医の資格取得
・岐阜南病院に副院長として転勤
・平成8年 やまやクリニック開設

所属学会
・日本精神神経学会(精神科専門医)
・日本精神病理学会
・日本精神分析学会
・日本社会精神医学会
・日本病跡学会
・日本精神神経科診療所協会
・日本外来精神医療学会
・日本リハビリテーション医学会
・人間存在分析学会(神戸)
・心身論研究会(名古屋河合塾)
 ドイツ語文献を原書で10数人で購読する会。 
・フロイトの精神分析の原書講読(月二回個人的に開いている会)